寺地遺跡


所在地:西頸城郡青海町大字寺地字寺地
指定:1980年国史蹟


寺地遺跡  田海川河口近くの西岸に位置し、東西約150メートル、南北約650メートルの範囲内にA〜Eの5地区がある。
 B地区は明治末年の北陸本線建設工事に際し検出され、斉藤秀平により紹介された。1968・70年に青海町教育委員会により発掘調査された。
 A地区は1966年、C地区は1965年に発見され、1968・73年に青海町教育委員会により発掘調査された。

 B地区は縄文時代中期の遺跡で、硬玉製玉類や蛇紋岩製石斧の生産を実施した工房である竪穴住居7基が検出された。
 遺物は中期土器のほか、硬玉製玉類(大珠・丸玉)、蛇紋岩製打製及び磨製石斧、板状石器、釣針状石器、敲石、石鏃、石槍、石錘、蝋石製大珠、砥石、研磨砂等が出土した。
 なお、第1号住居跡は、完掘された硬玉工房跡としては、わが国最初のものである。

 A地区からは縄文晩期の配石遺構、組石墓、木柱群等が検出された。
 配石遺構はいくつかの小単位が集合し、全体として長径16メートル、短径10メートルの楕円形を呈していた。中央に炉状配石が存在し、北側に楕円形積石配石と弧状配石があり、南側に方形配石と弧状配石があり、相互を廊状の敷石が結ぶという対照的構成である。また北側には大形有孔石が、南側には大形石棒が多く出土して注目された。中央の炉状配石は径約2メートル、河原石を二重に配し焼土が充満し、内部北端に10体分の焼人骨埋納ピットがうがたれ、南の方形配石は一辺約3.6メートルで扁平石を横立して垣状に内外を区切り、四隅に石棒と立石を配し、中央に直径60センチの根元にえぐりのある木柱4本を90センチ間隔で対照的に直立させていた。また、本配石遺構の北側一帯からは、大小多数の木柱及び組石墓が検出された。
 遺物は地域的特色の濃い大洞C1〜A式比定土器のほか、土偶、土版、スタンプ形土製品、土製円板、球体土製品、耳栓、打製石斧、磨製石斧、御物石器、石剣、石鏃、石錘、石錐、石棒、石鋸、筋砥石、平砥石、石皿、凹石、朱漆塗櫛、籃胎漆器、有孔円板状木器、箸状品、丸材、割材、クルミ、竹、山桜皮、人骨、獣骨、魚骨、牙、アスファルト塊、朱塊、硬玉製勾玉、丸玉、小玉、垂玉、硬玉原石、剥片など。

 現在、史蹟公園として整備されている。

 


[参考文献]


新潟県立歴史博物館

 もどる