長者ヶ原遺跡


所在地:糸魚川市一の宮
指定:1971年国史跡


 糸魚川市街地南方約2キロ、標高80〜95メートルの丘陵上に所在。
 明治30年頃中川直賢により発見され、昭和8年に斉藤秀平によって縄文中期の標識的な遺跡として編年的に位置付けられ、主たる土器を基準として長者ヶ原式土器の型式が設定された。
 1954〜58年に新潟県教育委員会(第一次調査)と糸魚川市教育委員会(第二・三次調査)が発掘調査した。日本最初の硬玉生産遺跡の発掘調査として注目された。
 遺物は縄文時代中期を主体とした土器、土偶や人面・獣面把手などの土製品、石鏃、打製石斧、磨製石斧、石匙、石皿等の石器類及び岩偶などである。
 本遺跡を特色づける遺物としては、大珠をはじめとする硬玉製の玉類・硬玉原石・硬玉加工具があげられる。
 縄文時代における攻玉遺跡として重要である。


[参考文献]



新潟県立歴史民俗文化館(仮称)


 もどる